2015年10月30日

銀行口座の譲渡は毅然とした態度でヤミ金に断りましょう!

闇金業者にとって、銀行口座は返済金の回収になくてはならない必須道具なので、必ず確保しておきたいものです。
しかし違法金利での貸金業が主流のヤミ金業界では、摘発されるリスクは極力下げるため、ヤミ金融経営者が自らの個人情報で銀行口座を開設することはありません。

では、どのようにして銀行口座を開設しているのでしょう?
答えは簡単です。

多重債務者を始めとする、闇金に融資を受けていながらも返済に難のある顧客に「新規口座を作って通帳を渡してくれたら、今月の返済延滞は大目にみますよ」と持ちかけるのです。
もちろん債務者は断わることはできません。
断れば即時返済をするように脅されるのは安易に想像がつくからです。
このように、債務者の弱みにつけこんでは、自分の情報を使わず大量に銀行口座を所有しているのです。

しかしながら、開設した口座が犯罪に利用された場合は、口座の持ち主が罪に問われる可能性もあります。また銀行口座を他人へ譲り渡すことは法律で禁止されています。

もし闇金業者から返済延滞を理由に、新規口座を作って渡すように持ち掛けられたら、迷わず専門家に相談しましょう。犯罪に加担してはいけません。



誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル0120-566-276
posted by ヤミ金マスター at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤミ金の手口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

即日融資につられて、契約したら違法業者(闇金)だった


お金に困窮している人は、ヤミ金業者特有の甘い言葉に騙されて、誘いにのってしまいがちです。。

そのためヤミ金業者の主なターゲットは多重債務者といえるでしょう。


最近で融資審査を免除するお店もでてきており、他の店舗で断られた人が主に利用しているようです。

一件条件がよさそうな誘い文句を羅列しますが、借金の契約をとるための方法に他なりません。

貸金業者は広告を出す際、固定電話番号を記載しなければならないと法律で定められているのですが、固定電話番号では警察から逃れにくくなってしまうため、他人名義や架空名義、盗品などの携帯電話を利用しています。


融資の広告に記載された電話番号が携帯番号のみの場合はほぼ間違いなくヤミ金です。


他にも、

 「1週間無利子で融資」
 「他店の審査に落ちた人でも大丈夫!」
 「誰にもバレずに融資可!」
 「今日の支払い助けます!」
 「来店不要、カンタン審査」
 「ブラックOK!即日融資OK!」
 「今すぐ【090-XXX-XXXX】へお電話下さい!」


といったキャッチフレーズのビラやチラシ、看板には特にご注意下さい。

なかでも『090金融』は携帯電話一本で、カンタンに融資を受けることが出来ます。
扱う金種が1〜3万といった小口融資に対応しているのが特徴です。
被害者は年々増加傾向となり相談も急増していますので、携帯番号が媒体となっている『090金融』の被害にご注意下さい。

誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。

▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル0120-566-276
posted by ヤミ金マスター at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤミ金の手口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

闇金の手口はどんどん巧妙化し、進化している

ヤミ金といえば、多くの人が思い浮かべるのは
  • 驚くような利息で死ぬまで完済できない
  • 派手な風体の男がドンドンと玄関戸を激しく叩きながら「金を返せ」と叫ぶ姿
  • 昼夜問わない取り立て電話
  • 時には勝手に家に入り込み、家財道具を利息分だと言って持ち逃げする
  • 妻や娘がいれば「風俗で働いて返せ」と脅迫してくる
  • 近所に迷惑となるような大声や大きな音で脅迫まがいの取り立てを行う
といったような暴力的、破壊的なイメージではないでしょうか?

特に関係のない第三者(会社や近所)に迷惑をかける精神的被害は、債務者を追い込むのに効果的で、「されたくなければ金を払え」と脅しや脅迫とも取れる方法での取り立て行為が主流の時代もありました。

ヤミ金による取り立てが辛くて自殺する人が急増し、社会問題にもなりました。
毎日、新聞やTVなどで自殺者の報道が相次ぐようになり、「ヤミ金の取り立てが原因で」と報じられることも。

世の中のバッシングを浴びることになったヤミ金業者サイドとしても、債務者がお金を払わずに自殺してしまうと、貸したお金を回収することができなくなるため、取り立ての方法を見直す必要がありました。

今では上記で述べたような取立て行為はほとんど行われませんが、融資を勧める手口そのものが巧妙化しているため、「ヤミ金だとわからなかった」という被害者も少なくありません。
これはつまり「ヤミ金だとわかっていたら借りなかった」という心の声ではないでしょうか?

借りたいと思う側にも「見極める努力」をする必要があります。
今はインターネットが普及していますし、情報がカンタンに手に入る時代です。
美味しい話だからと飛びついてはいけません。



誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。

▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル0120-566-276


posted by ヤミ金マスター at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤミ金の手口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする