2014年07月31日

ヤミ金の借金を苦に自殺


2003年はヤミ金融業者とのトラブルが原因で、借金の返済を苦にした自殺者が相次いだ年でした。
ビルからの飛び降り自殺や踏切への飛び込み、一家無理心中など、大変凄惨なニュースが駆け巡りました。

このような凄惨な事件を1件でも減らそうと、関係機関が協議を行い、2003年7月に『ヤミ金対策法』が成立しました。

安易な気持ちで借りたわずかな金額が、ほんの数ヶ月あまりで数百万円にまで膨らむのが悪徳ヤミ金の特徴です。

毎日昼夜問わず取り立ての電話が鳴り続け、本人が望んでも元金の返済や、一括完済には一切応じない手法を用いるため、被害者の多くは長期に渡ってヤミ金融業者に振り回され、疲れ果てて死を選択したのだと推測されます。

たとえ債務者が借金苦で自殺して、親族が正式に相続放棄の手続きをしようとも、回収にやっきになったヤミ金業者の手は緩むことはありません。

自分を追い込んでしまうような借金はするべきではないのです。




誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。


▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル0120-566-276
posted by ヤミ金マスター at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤミ金被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

相談できないヤミ金被害者

ヤミ金の相談に訪れた人を対象に、アンケートをとってみたところ、
「ヤミ金の被害相談を誰かにしたことがありますか?」との問いに、「いいえ」と答えた人が非常に多くて驚いたことがあります。

その理由を尋ねてみると、
 ・公務員であったり、会社で役職についている
 ・家族に内緒に作った借金
 ・婚約したばかりで相手に知られたくない
といったように、立場上不利になり兼ねない人や、自分が大切に思っている人にバレるのが怖いと感じている人が、ヤミ金に関する相談を躊躇しているようです。

自分ひとりで解決できれば一番いいでしょうが、違法な闇金融業者の取り立ては少しずつにエスカレートし、結局、家族や身内、会社にまで迷惑をかけることにもなりかねません。
ヤミ金問題を解決するためには、債務者自らが闇金と闘う覚悟を持ちましょう!
どんなことがあっても、今後は支払を拒絶するという固い決意を持たなくては解決しないのです。
貸金業者の違法な取り立て行為に対しては、弁護士、司法書士に相談するのが1番良いと思います。


誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
→ 公式サイトへ

▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル0120-566-276

posted by ヤミ金マスター at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤミ金被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする