2016年07月30日

(闇金相談)返済しようと思ったら相手先口座が凍結されていた

Q.インターネットで検索した某貸金業者からお金を借りました。
先ほど、銀行のATMから二回目の返済振込みををしようとしたところ「受取人の確認ができません」と出ました。
一回目の返済は問題なく振り込めたので何も思いませんでしたが、何か怪しい業者だったのでしょうか?
もしかして闇金とか???
このまま返済ができないことで、多額の延滞金を請求されたりするのでしょうか?
どうしたらよいのか不安で困っています。


A.振込先の受取人の確認ができない場合、相手側の口座が凍結されている可能性があります。
一般的に銀行口座が凍結される理由としては、口座が闇金の取引など不正に使用された場合があげられます。
闇金業者は警察の捜査を免れるため痕跡を残さないように取引を行います。
そのため、直接振り込まず別の口座を経由して振り込む手口をよく使います。
そうすると「犯罪に使用された履歴」が残り、振込みを行った側の口座が凍結されるのです。
ちなみに闇金からの入金を受け取る側は凍結されません。

この場合、すでに口座が凍結を受けているということですから、闇金業者が利用していたと判断できるかと思います。一回支払ったとの事ですが、被害が大きくならずに済んだのは不幸中の幸いです。
あなたが融資をうけた会社そのものがヤミ金業者であった可能性ももちろんあります。
すでに摘発されている可能性もありますが、そもそも不正な取引を行うヤミ金業者への返済は不要ですから、専門家へ相談して相手の実態を調べて貰うと安心です。




誰にも知られず、ヤミ金問題を解決するならエストリーガルオフィスがおすすめです。
▼今すぐ相談するなら
通話無料の相談ダイヤル0120-566-276
posted by ヤミ金マスター at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤミ金の相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする